スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年CD等の音源総括 

いくつ購入したかは分かりませんが、数は極めて少なかったと思います。
ライブの総括でも書きましたが、時間、金銭、気持ちが低調だったことが主要因と思います。
そのほかに要因を挙げると、嗜好がプログレ回帰したことが挙げられます。プログレといってもイタリアンプログレっぽいものと限定的であり、情報や絶対数が少なく、入手しようとしても廃盤など入手困難だったためでしょう。
あと、今年は面白い傾向が出てきました。それは、店頭で買うことがなくなったことです。店舗に欲しいものが置いていないことも挙げられますが、通販でしか買えない自主制作やインディーズばかりだったためと思われます。
その中でも一番驚いたのが、Sound Labo Blogeinnonti'sさん達が製作した作品でした。プログレ等で見られる数々の変形ジャケットを凌ぐ凄い出来。最低でも、私の所有するCDの中で最も凄いです。
この一点において、実りのあるものだったと思います。
スポンサーサイト

コメント

feel timid

とても光栄であります

>Hさん
非常に感銘を受けた一品でした。
今度、私から何かを発信するときは、メールさせて頂きますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chelnov.blog24.fc2.com/tb.php/756-42fb0979

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。