スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Andrew Latimer【Camel】の機材・セッティング 

私が最も尊敬するギタリストで、メロウなトーンとブルージーで味わい深いフレーズが特徴です。

2000年に続き、1997年来日時の機材の資料がみつかりました。
●1997年来日時
○ギター
・FENDER エリッククラプトンモデル・ブラッキー
・GIBSON レス・ポール ヘリテージ80

○弦
・EARNIEBALL ライトゲージ(.010~.046)

○アンプ
・FENDER ツインリバーブ('65年リイシュー)

○エフェクター
・Pro-co ラット×3
・IBANEZ チューブスクリーマー
・BOSS コンプレッション・サスティナー
・COLORSOUND ファズボックス


●2000年9月来日時
○ギター
・BURNY レスポールタイプ(Piku Up:セイモアダンカン)
・FENDER ストラトキャスター('71年製)
・MARTIN D-1

○アンプ
・Marshall JCM2000 DSL-100[クラシックゲイン(チャンネルA)]

○エフェクター
・A/Bセレクター
・BOSS コーラスCE-2
・Pro-co ラット×2(各ファズ、クランチセッティング)
・IBANEZ チューブスクリーマー
・BOSS チューナーTU-12

○ピック
・FENDER ティアドロップ ヘビー

○その他
・E-BOW
・スライドバー
スポンサーサイト

コメント

甘い甘い音が好きです

こんにちワです。

第一次逃亡終了間近です。
ヨダレが出るマシン達です。
ラティマーのフルートも好きですが、
やはり「あのギター音」なくして、
ラティマーにあらず、ですね。

当方、甘いトーンが大好きで、ラティマーのトーンはもちろん大好きです♪偶然資料が見つかったので、載せてみました。プロコのラットが意外な感じがします。

第一次逃亡終了まで、見続けます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chelnov.blog24.fc2.com/tb.php/230-fc41003a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。