スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quidam 

Quidam - Strona oficjalna zespołu Official Web Site of Quidam

キャメルの前座を務めたこともあるプログレバンドです。
[DOWNLOADS]で動画と音源があります。
スポンサーサイト

PAATOS(パートス) 

PAATOS HOMEPAGE(日本語)←TOPに音源
PAATOS←[Downloads]に音源

スウェーデンのロック?バンドで、陰鬱で静かなサウンドが今の自分に合います。
続きを読む

Cherno (チェルノ) 

チェルノウェブサイト

高円寺をメインに活動するプログレ,ノイズ系ユニットです。

私のHNと似ているので紹介しましたwww

no-man 

no-man

Porcupine Treeなどでも知られるSteven Wilsonのプロジェクトで、陰鬱でアンピエントな感じです。

[downloads]で音源が聴けます。

四人囃子 

四人囃子オフィシャル・ホームページ

日本のプログレの黎明期を代表するバンドです。

[sound],[video clip],[MIDI file]があります。

Aphrodite's Child (アフロディーテズ チャイルド) 

ギリシャのプログレッシグロックバンドで、ヴァンゲリスが在籍したことでも知られています。

彼らのラストアルバム『666』は、当初アナログ4枚組を予定していた2枚組みコンセプトアルバムで、「ヨハネの黙示録をテーマにしたショウがテントの中で行われていたが、外では実際に神の審判が下り、テントもそれに巻き込まれていく。」というストーリーで、非常に聞き応えがあります。

同名異人のジャズシンガーもいます。
続きを読む

maschera di cera 

maschera di cera

PFMのメンバーがプロデュースしたイタリアの現役プログレバンドです。
ジャズロックっぽいところもあります。

PFMプロデュースということで、インストパートは期待どおりです♪

[MEDIA]に音源があります。

Aether (イーザー) 

Aether Home Page - Banda de Rock Progressivo do Rio de Janeiro (RJ) - Brasil

ブラジルのシンフォ・プログレ系バンドで、キャメルを彷彿させるものがあります。
自主制作の1stは、エレクトリック・ヴァイオリンをゲストに入れるなどサウンド全体のシンフォ指数が高く、アコースティックギターが演出するリリシズムがいい感じです。

[discography]で音源が聴けます。

注:シカゴに同名異バンドがいます。
続きを読む

chroma key (クロマキー) 

chroma key

ニューエイジ~ポストロック系のバンドで、捉え所の無い不思議でアンビエントなサウンドです。元ドリームシアターのケヴィン・ムーアのバンドでもあります。

[AUDIO]で音源が丸々聴けます。

Triana (トリアーナ) 

スペインのプログレッシブロックバンドで、フラメンコギターを中心にすえ、バンドで装飾したサウンドです。
レコード会社のHP?
ファンサイト?(音源と写真があります!)


1st『El Patio』は、情熱と哀愁が全開の超名盤で、私のお気に入りです♪
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。